日本各地の温泉宿の感想を紹介します!


by noriyan_onsen

宮城県 遠刈田温泉 だいこんの花

f0195431_22525451.jpg

宮城県 遠刈田温泉 だいこんの花
宮城県は蔵王連峰の中にある温泉地、遠刈田温泉の「だいこんの花」を紹介します。宿泊したのは2004年8月8日。
f0195431_22531925.jpg

この宿は2003年11月にオープンした宿で、私達が宿泊した時はオープンしてから10ヶ月のホヤホヤの時期でした。
まず宿に到着してビックリ。広大な敷地内に18棟の離れが建ち並ぶ、離れの宿です。露天風呂付の客室を予約していた私達は、部屋に通されてまずビックリ!殆ど一軒家と言える大きさの部屋。あまりに広くてどうしましょうって感じです。
そして楽しみにしていた部屋付きの露天風呂は、部屋から突き出した縁側の一角に設えてありました。大きさはなんとか大人2人が同時に入浴出来る程度のこじんまりとした大きさですが、2人で入るには充分な大きさです。
f0195431_22543040.jpg

部屋には予めベッドがあり、既に蒲団も敷いてあるため、いつでも横になる事が出来ます。
f0195431_225568.jpg

そしてなんと部屋に置いてある冷蔵庫内に冷やしてあるビールやジュース、つまみのお菓子は宿からのサービスとの事で、全て無料との事。今まで沢山の宿に宿泊した経験のある私ですが、ここまでのサービスは初めての経験です。

夕食の時間はゆっくりお風呂に浸かってからという事で、夜7時にしてもらい、早速私達は宿に4つある貸切露天風呂に向かいました。
f0195431_225605.jpg

全ての部屋が木製の回廊のような廊下で繋がっていて、その回廊を一周する事が出来る広大な敷地内の、奥まったところに貸切露天風呂があります。貸切露天風呂入口に続く回廊の途中に、森の木で作った簡単なゲートが作ってあり、入浴する人はそのゲートの木を横に倒し、足元にある看板を入浴中にひっくり返します。
f0195431_22572087.jpg

そしてまた長い廊下を歩くと、露天風呂の入口が見えます。暖簾をくぐるとそこに露天風呂が作ってあります。
f0195431_22581399.jpg

なんという開放感!お風呂のすぐ横の断崖下には川が流れており、露天風呂の周りは一面森というロケーション。これほどの開放感の中で、貸切露天風呂に入浴した経験はかつてありませんでした。というよりも、開放的過ぎて少し恥ずかしい気も若干しますが・・・。
温泉の湯は源泉の温度の変化により、熱い時と温めの時があるそうですが、私達が入浴した時には若干熱めでした。水道をひねり少しお湯を温めて入浴しました。大自然の中でポツンと出来た露天風呂。そして回りは森と川のせせらぎの音のみ。なんという幸せでしょうか!これぞ至極の幸せです。

夕食までの残り1時間で、全てのお風呂を制覇しよう!と妻と私は残りの3つの貸切風呂に駆け足で入浴しました。
f0195431_22591381.jpg

木製のお風呂、石で作ったお風呂。この2つはこじんまりとした大きさですが、残り2つの貸切風呂には、内湯と洗い場もついていて、やや大きめのサイズです。
f0195431_230980.jpg


f0195431_2302485.jpg


f0195431_2305214.jpg


f0195431_231961.jpg

4つ立て続けに入浴した私達は、回廊の途中にある「ことりサロン」という休憩所で一休みしました。コーヒーがセルフで飲めます。しっかり頂いてしまいました。

夜も7時になりました。食事は館内母屋の食事処での夕食となります。隣の席が見えないよう、仕切りで区切られた個室での食事です。宿名の由来でしょうか、この宿にはだいこんを始め自家製農園があり、そこで取れたての新鮮野菜をふんだんに使った素朴で、野菜の旨み、素材の美味しさを引き出した、数々の料理が並びます。
f0195431_2325775.jpg


f0195431_2332364.jpg


f0195431_2334778.jpg


f0195431_2342110.jpg


途中、野菜の煮物冷やしや、ビックリトマト。これはトマトの中身をくり貫き、その中にいろいろな具材を混ぜ込んだトマトサラダのような料理や、カボチャのポタージュスープ等、野菜ずくしのメニューが次々にテーブルに並びます。
f0195431_2351466.jpg

そしてメインメニューは仙台牛の冷しゃぶ。沸騰した付け汁の中に肉をくぐらせ、冷えた付けダレで仙台牛が楽しめます。これがまた絶品です!
f0195431_2355681.jpg

ごはんは山菜おこわです。妻曰く「ごはんが味付きの宿は、料理が美味しい」その言葉通りの料理が楽しめました。
f0195431_236401.jpg

そしてデザートもこれまた手の込んだものでした。
f0195431_237751.jpg

いやー、堪能しました。品数、味、盛り付け、量、そして出てくるタイミング。どれを取っても文句の付けようがありませんでした。ごちそうさまでした。

朝食は夕食と同じ食事処で頂きました。夕食とはうって変わって、サラダバーでサラダを取り、牛乳、そして野菜スープを取りテーブルで食べる形式でした。食べ進むうちに今度は和食の献立が運ばれてきます。和洋折衷の朝食が楽しめました。スープが好きな私にとっては、この野菜スープはまさに絶品でした。
f0195431_238010.jpg


f0195431_2381349.jpg

料理・風呂・部屋・そしてサービスと全ての面において、大ヒット、大満足の宿でした。間違いなく私の中ではベスト3に入る宿でした。そして驚くことに、28歳のオーナーを始め、従業員の平均年齢は24歳との事。私たちの部屋の担当の女性も20歳そこそこの、若くて綺麗な女性でした。清潔に保たれた館内、そしてプライベートな空間を楽しめるように考え尽くされたサービス。高級旅館では味わえない素朴ではありますが、贅を尽くした宿でした。いやー本当に大満足の宿でした!(オーナー、従業員さんの年齢は当時の年齢です)
[PR]
by noriyan_onsen | 2008-10-08 23:09 | 宮城県